重要なお知らせエリアを非表示

Sapporo Ainu Crafts

人から人へ、世代を超え、思いを込めて伝承

アイヌ文化の伝承には、ユカラ(英雄叙事詩)、カムイユカラ(神々の物語)、ウエペケレ(昔話)などの口承文芸の伝承、アイヌの風俗や習慣などの伝承、そしてアイヌの伝統的な工芸技術の伝承があります。 There are three categories of oral tradition: Literary oral tradition of epic poetry describing the exploits of heros (yukara), the stories of the gods (kamui yukara), and the more secular stories of olden times (uepekere) ; oral tradition of customs and manners; and oral tradition of the know-how of traditional crafts.

About アイヌ民族は「衣」「食」「住」に必要な衣装や道具、儀礼に用いる祭具類を製作する技法を現在に伝えてきました。 これらの衣装や道具類は、素材の特徴を活かし機能性にすぐれ、また自然(素材)への感謝の念が込められ、民族独自の造形美が表現されています。 アイヌ工芸品・民芸品の流通の歴史を紐解くと、古くは18世紀頃に遡り、松前藩主への献上品に筆立、筆軸、盆、匙、茶台、角盆、煙草入れ、小刀(鞘)、ゴザ、アットウシ製の細工物(手工芸品)が記録に残されています。 北海道土産品として良く知られる「木彫熊」は、20世紀初頭に八雲、旭川を起源とする二つの系統により道内木工家らに伝わったものです。こうした彫刻や刺しゅうの技術を活かし、伝統的な工芸品の他に現代生活スタイルにマッチした商品開発も行われ、中には傑出した作家が誕生しています。The oldest recorded history of Ainu crafts and their distribution shows that Ainu had presented a series of items to the lord of the Matsumae clan in the 18th century. Items included brush vases, shafts for brushes, trays, spoons, tea cup saucers, tobacco containers, scabbards for knives, woven mats, and handiworks made with elm fiber threads. The carved bear well-known as a Hokkaido Ainu souvenir can be traced back to two sources in the beginning of the 20th century. One source was a wood carving in Yakumo and the other in Asahikawa. Traditional crafts as well as items that match a contemporary lifestyle continue to be made and deve

※本サイトにおいて本文中の表記が一部、本来のアイヌ語表記と違う箇所があります。
webページの設定によるものでご了承ください。 アイヌ語表記について
ネットショップのほかに、年数回「地下歩行空間」にて展示販売を開催しております。公式webサイト・Facebookをご確認くださいませ。